Home > 医中誌からのお知らせ > NLM/PubMed最新情報
医中誌からのお知らせ

NLM/PubMed最新情報
●NLM前館長カミングス博士が90歳で死去
2011年9月13日更新


1964年から1984年までNLMの館長を務めたカミングス博士(Martin M. Cummings)が8月末に90歳で死去した。


カミングス館長はコンピューター時代の到来した1960年代後半から1970年代にかけてNLMを世界最大の生物医学分野の図書館・情報センターに育て上げた。コンピューターによる大規模な医学文献検索システムMEDLARSが1964年にスタートし、それをベースとしたオンライン検索サービスMEDLINE (MEDLARS Online)を1971年に実現させた。また彼は国際的な情報交換にも力を注ぎ、MEDLARSセンターを各国に設置した。


カミングス館長の大きな功績は医学図書館援助法(Medical Library Assistance Act)の制定の実現とそれの実行であろう。この法律を基盤に米国内の医学図書館のネットワーク(National Network of Libraries of Medicine: NN/LM)が構築され、医学図書館、医学図書館員への各種の財政的援助が可能となった。また、NLMの研究開発部門であるリスターヒル生物医学コミュニケーション・センターの創設も計画・実現し、ここでの研究開発の成果がインターネットによる文献検索サービスPubMedとなるのである。
そして1984年に現館長リンドバーグ博士に引き継がれた。
http://www.nlm.nih.gov/news/cummings_death_notice.html


なお、NLMの175年の歴史については下記のサイトに年代順にまとめられている。
http://apps.nlm.nih.gov/175/milestones.cfm





| 最近のニュースをすべて見る |

医中誌からのお知らせ

アンケートのお願い